忍者ブログ
ニット小物が好き♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




毛糸創庫Camelのカシミヤ100%の糸です。
商品番号1700番シリーズと、CA100シリーズの
2種類を購入しました。

一番左のヴァレンシアは編んでしまったので
残り少ない画像しかありませんが、ご容赦を。


商品番号 :1700-XX
品質:カシミヤ100%
単位:50g
糸長:3本撚りで約175m
号数:3本撚りでかぎ針5-6号
価格:1,190円 (税別)

***

商品番号 :CA100-20
品質:カシミヤ100%
単位:50g
糸長:2本撚りで約220m、3本撚りで約145m
価格:1,290円 (税別)

どちらも、2本より、3本よりなど糸の本数を選べるので
好みの太さに仕上げることができます。


1700番シリーズはヴァレンシア、アップルグリン、クリームを、
CA100-20シリーズは、藍色とモカを注文しました。




まずは色から。


1700-214 ヴァレンシア



くすみのない、元気なビタミンカラーのオレンジ色です。
暗くなりがちな冬には、明るいさし色になって良いと思います。


1700-543 アップルグリン



抹茶色です。
アップルグリーンのように明るい黄緑色ではありませんが、
程良くトーンの落ち着いた色。


1700-557 クリーム

 

卵色です。
明るいパステルカラーというよりも、
くすんだ黄色を薄めにした色です。


CA100-20 55.藍



名前のとおり藍色です。
紺色よりも明るい青です。


CA100-20 27.モカ



赤みのある茶色です。


以下は、1700シリーズのヴァレンシアとアップルグリンを
編んだ感想です。

まず、編み心地ですが、糸に全く伸縮性がないので
編み地が乱れやすく、
また、撚りが甘めなので、編んでいるうちに
撚りが戻って糸が引き揃えの状態になってしまい
糸割れしやすいです。


編み地は、完成後に縮絨(しゅくじゅう)して
油を落とし、糸を膨らませます。


上:縮絨前 下:縮絨後



まるで別の糸!
下はふわふわすぎて、なかなかピントが合いません。

玉で販売されているメーカー品のカシミヤは
ふんわりとしていますが、
こちらは工場直送の糸なので縮絨がされておらず、
縮絨前は、いかにも工場糸らしい
ガサガサボソボソとした風合いです。

しかし、これが激変するのです♪

今回、色落ち具合等を見るために、
最初に手洗いをしてみたのですが、
洗っている間に糸が膨らんでいくのが
分かるほどぷっくりとしてきました。

その後、縮絨作業に。

通常は、
洗濯機に洗剤を投入して、洗い・すすぎトータル10分程度

脱水1分程度
という感じで良いと思いますが、
今回は、先に手洗いをしていたので、
水量を最も少なくセットし、洗い7分(洗剤なし)、
脱水1分にしました。

タオルでポンポンと水気を拭き取り、自然乾燥させると、
ふわっっっふわっ。

油も落ちて、中に入り込んでいた毛が立ち、
ふーーーーわっっっふわです。

カシミヤらしいぬめり感もあります。

肌触りは、病的に肌が弱い私は、
少しヂガッとします。


色落ちは、さすがに最初はありますね。
 
上:洗っている真っ最中
下:すすぎ後


洗面台が薄いピンクベージュなので少し分かり辛いかもしれませんが、
上の洗っている真っ最中の画像の水は色落ちして濁っており、
下のすすぎ後の画像の水は透明です。


糸に伸びがないこと、糸割れしやすいこと、
縮絨するため編んでいる時には糸の膨らみ分、
そして縮み分を念頭に編まなければならないことから、
初心者さんにはとても扱い難い糸だと思います。

個人的には、通常の玉になっているカシミヤで、
編む時の手触りの良さや、編み地の気持ち良さを知った上で、
この糸に挑戦した方が、くじけずにすむのかなーと思います。

ただ、縮絨の楽しさはあります!
縮絨前のガサガサボソボソな手触りのカシミヤが、
縮絨すると膨らみ、乾くとふわふわ柔らかなカシミヤに
変身していく様は、とても楽しいです。

毛糸を扱い慣れている方には、お手頃価格だし、
楽しいし、良いと思います。


さて、具体的に編んだ編み針の号数ですが、
この編み地は6本撚り(たぶん)を13号で編みました。

(たぶん)の意味ですが・・・。

実は今回の注文時、糸はすべて3本撚りで、
2回に分けて注文したのですが、
1回目に届いた糸と、2回目に届いた糸の本数が違いました。



上の画像のオレンジ色が6本撚りで
茶色の方が3本撚りではないかと思います。

茶色の方が太く見えるのは、撮影した位置の関係で、
実際は一見してオレンジの方が糸が太いです。

毛糸創庫Camelさんに問い合わせてみたものの返信がなく、
今後、例えば「3本撚りで」と注文した時に、
どちらの状態で届くのかよく分かりません。
分かりませんが、たぶん、オレンジ色は6本撚り。
標記が微妙なのは、そういう事情です。

Camelさんは、注文時の質問にしか答えない旨が
ショップページに記載されていたので、
商品について質問してから購入したい場合や、
今回のように購入後の商品について問い合わせたい場合には
不便ですね。
電話なら答えてもらえるかもしれません。


で、(たぶん)6本撚りを13号棒針で編んだ感想です。




今回編んだ、上の画像のマフラーは、
もともと適正号数の針よりも大きな針で編む編み図なので、
参考にはなり難いかもしれませんが、
縮絨した感想としてはもっと大きな号数の針で
編んだ方がよかったと思いました。

カシミヤらしい柔らかさはあるのですが、
編み地が厚過ぎ詰まりすぎで、
適正号数よりも小さな針で編んだ時のかたさがあります。

もっとカシミヤらしい柔らかさと薄さを求める場合は、
3本撚りを7号位で良いのかなぁと思います。

歯切れが悪くてごめんなさい。

いつか3本撚り(たぶん)を編んだら追記します。


  
1700-214カシミヤ100% ヴァレンシア
1700-543カシミヤ100%手編み糸アップルグリン
1700-557カシミヤ100%手編み糸クリーム



CA100-20カシミヤ100%手編み糸



・・・毛糸創庫Camelのカシミヤ100%で編んだもの・・・

 両面模様のマフラー



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぷっち
性別:
女性
趣味:
編み物
自己紹介:
タイトルは、方言丸出しの会話から。

「まだ編むと?」
「うん。編むと。」

よろしくです。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/04 Tyorosachi]
[09/14 kosame]
[09/13 ぷっち]
[09/13 kosame]
[02/22 るり]
バーコード
contact
こちらがメールへ返信する
必要があると判断したもの
以外につきましては、
お返事は基本的にブログ内へ
記載させていただきます。

教えて、譲ってはこちらの記事をご覧ください。

*は必須事項です。
Powered by NINJA TOOLS

Copyright © [ あむと。 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]