忍者ブログ
ニット小物が好き♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


半端玉のスヌード、寒色ver.完成です





使用糸:オリムパス/エモーション 1番、6番
ダイヤ/タスマニアンメリノ 725番
マリアンネ・イサガー/アルパカ2 14番
内藤商事/ザリーナ 1709番
使用玉数:各1玉弱~1玉
使用針:6号棒針、仕上げ時に6号かぎ針
関連記事:半端玉のスヌード、2本目編んでます。
       半端玉のスヌード、半分位?
編み方:
1.あとからほどく作り目を54目
2.ガーター編み、鹿の子編み、メリヤス編みなど、
  毛糸を変える際に編み方も変えながら、
  好きな長さまで編む。
  糸を変える際、新しい糸の最初の1段は
  表編みを編む。
3.中表にして、引き抜きはぎ。




ブルー系を前に持ってくると、こんな感じ。





ホワイト系を前に持ってくると、こんな感じ。





一緒にブルーも前に来るので、
あんまりホワイト系って感じでもないか^m^


編み始めは、エモーション6番をガーター編みで。





好みは暖色系なので、寒色系を自分用に編むことって滅多にないんだけど、
編み始めると楽しくて楽しくて。
さすがエモーション。
くるくると変わる色も、糸の伸びも、とにかく編んでて楽しい!

しかも、自分用にあまり使ったことのない色だからか、
こうしたら良いかも、ああしたら良いかもというイメージが
どんどん湧いてきて、とにかく先に進みたくなってしまいました。
この糸は、やはりスタートダッシュに向いてます。


2つ目は、タスマニアンメリノ725番を、2目1段の鹿の子編みで。
3つ目は、マリアンネ・イサガーのアルパカ2、14番を2本取りの
ガーター編みで。




エモーションの糸レポで書いたけど、
エモーション6番の編地が海っぽかったので、
2つ目もそういう色をチョイス。

タスマニアンメリノも手触りが良く、編みやすく、
相変わらず良い糸です^^

さし色の3つ目には、夕陽色の濃オレンジをチョイスしました。
この空のイメージです。
えーっと、確か瀬戸内海で撮影したものだと思います。




編んでみると、濃紺とのコントラストが強く、
クラクラとしてきたので(笑)、
ボーダーにして馴染ませました。


オレンジ色のアルパカ2は、中細程度なので2本取りで。

しかし、2本取りにすると、ちょっと太すぎました~。
よく見ると、編地の幅が違います。
まあ、巻くと分からなくなくるので少々幅が違っても大丈夫だけど、
1本で編んでよかったかも。



4つ目は、エモーションの1番をメリヤス編みで。





濃い色が続いて息苦しいので(笑)、淡い色でひと休み。

それにしてもガッタガタ!!!!!
エモーションのメリヤス編み、難しいです。
以前、試し編みをしたときは割と揃ったと思ったんだけど、今回ガッタガタ!
気持ちの乱れか、ブランクか、いい加減になったのか、自分でも
よく分かりません。
これは、さらなる練習が必要。

端は、丸まらないようガーター編みにしています。


5つ目は、ザリーナの1709番を、2目1段の鹿の子編みで。





ザリーナも、編みやすくて良い糸ですね~。


端は、いつものごとく両端2目ずつをすべり目にして整えています。





今回、濃い色ばかりだと息が詰まるかな~と思って、
ホワイト系や水色を合わせてみたけど、
完成してみると、濃い色だけでも良い感じです。

案外、どんな色のものを合わせても、それなりにまとまりそうな気がします。

ただ、編地は、例えば「ガーター編みだけ」のように1種類の編み方にするよりも、
数種類を使った方が良いようでした。

巻くときに、濃紺と水色の、鹿の子編みの編地が重なるように巻いてみたけど、
編み方が同じだと綺麗にまとまりすぎるように思います。

まあ、好みの問題だけどもね^m^


使用糸
   

ウール&キッドモヘヤの上質な天然素材。【オリムパス】エモーション
【ダイヤ】タスマニアン メリノ
ザリーナ 内藤商事毛糸

★今日のオリムパス/エモーション最安値チェキ!★
★今日のダイヤ/タスマニアンメリノ最安値チェキ!★
★今日の内藤商事/ザリーナ最安値チェキ!★



Marianne Isager/ALPACA2

マリアンネ・イサガーの毛糸オンラインショップ

Fyn Online Shop/Marianne Isager
room amie/yarn
Isager Strik
Knit Isager


オリムパス/エモーションの糸レポはここ。
ダイヤモンド毛糸/タスマニアンメリノの糸レポはここ。
マリアンネ・イサガー/アルパカ2の糸レポはここ。
内藤商事/ザリーナの糸レポはここ。


新年度に入り、少しゆっくりできるかと思ってたけど、
予想外に「年度末よりも多いのでは!?」という程の業務量があり、
相変わらず3食を職場で取る生活が続いてしまって、
思いの外編めずにいます。
更新がゆっくりになるかもしれません (/∀\*)





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
素敵です。私、これ大好きです。
残念ながら私はワイン色になっちゃいましたが、同じようにいけそうです。
全然見も知らずの人の為に編んでしまうなんて、寛大なお心とお気持ちに感謝しています。
そして、インターネットの凄さも感じました。
この時代、世界は身近に感じますが恐さもあるのでしょう。私はブログをしていないのでわかりませんが・・・

話変わり・・・
エモーション編んでいる時、糸割れがひどく先が細いのはダメと分かり(これまた、あむと教科書から)「匠」を買いに行ったら「アメリカでは匠は高いからニットプロが主流」と言われ、ちょっとショック。
私は匠世代?今はニットプロ?クロバーの存続は?
私が心配する必要な無いんですけどね・・・
それから、最近感じたこと。
あむとさんの「すべり目」私のと違う!?
それは、私の裏編みが違っていたみたいです。
これって、英文パターン慣れしていると時々あることで、編み図がないから自分の間違いが気が付きにくい。ある程度編み進んで行くと「なんか出来上がり写真と違う?」って事が多々。
日本の編み図パターンや解説図が丁寧で好きです。
まだまだ修行の身。あむと教室で精進あるのみです。

最後にもう一度。
今回は本当にありがとうございました。
スヌードもですが、色々勉強になるブログに出会えて感謝しつくせませんが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

次回は背中を軽く「トントン」と、たたきますね。
そーと、優しくね(笑)。
Sam 2012/04/21(Sat)04:14:03 編集
» こんばんは♪
>Samさん

こんばんは^^

このスヌードは、編んでて楽しいので、
人のためというより、自分が楽しむために編んでるって
感じなんですよ~。
それに、「編みたい気持ちはあるのに、何を編むかが決まらない」
という状態のことが多いので、
背中を押していただけるのは実はとっても楽なんです^m^
編み物は正直で、気が乗らない時は手が動かないので、
大丈夫ですよ~~~。

途中で止まったら、
「さては、飽いたな。」
と、笑ってください^m^

エモーション。
糸割れがひどいですか・・・。
それは編みづらいですね。

私はニットプロが好きなので、そればかり使っているのですが、
こんな感じで編んでます。

・糸割れしないようにするには、針の真下の、
一番空間のある場所に右の針を入れると良いので・・・。

・右の針先を左の針にあてたまま左から右へ滑らせて、
 左の目の根元からくぐらせる。

・針の真下の、一番空間があるポイントを目指して、
 針をスライド、くぐらせる。

んー、言葉だと難しいですね。
本当にちょっとした角度やコツがつかめれば
意外とスムーズに編めるような気がします。

日本人は、話す時も画像で考えると何かで見たことがあります。
話しながらも、漢字が頭に浮かんでて、
それを言葉の意味として変換しているというような
ことだったと思います。
外国では、そのままダイレクトに言葉は言葉として話してると。
英文パターンと編み図の違いが、その違いかどうかは分かりませんが、
私も日本の編み図の方がイメージがつかみやすくて
編みやすいです^m^

それから、私はとてもとても教室代わりにはならないですよー。
本当に、謙遜でもなんでもなく、そんな自身はないんです。
編んでるものも小物ばかりだし。

そんなことおっしゃらず、
編み物好き同士、一緒に楽しみましょう。
私も、背中を押していただいたお陰で
楽しめました!!!

これからも、どうぞよろしくお願いします。
ぷっち 2012/04/22(Sun)23:09:25 編集
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぷっち
性別:
女性
趣味:
編み物
自己紹介:
タイトルは、方言丸出しの会話から。

「まだ編むと?」
「うん。編むと。」

よろしくです。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/04 Tyorosachi]
[09/14 kosame]
[09/13 ぷっち]
[09/13 kosame]
[02/22 るり]
バーコード
contact
こちらがメールへ返信する
必要があると判断したもの
以外につきましては、
お返事は基本的にブログ内へ
記載させていただきます。

教えて、譲ってはこちらの記事をご覧ください。

*は必須事項です。
Powered by NINJA TOOLS

Copyright © [ あむと。 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]